今日の観光

2009年02月28日16:46

20090228164601
お天気に恵まれて最高です。

念願の樹氷見物しました。

東北への旅⑧

2008年11月15日13:49

福島最終日 ふぅ~ やっとここまで来た~って感じで
実は 昨日 仕事の合間に 一生懸命下書きしていました。

記事編集のまま 席を立ち会議室へ行き 1時間後PCの前に戻りました。
(゜o゜;;ギク  ないない  仙台空港まで綴った記事がない。

保存し忘れたのか 下書きが消えた~~~ ヾ(>y<;)ノうわぁぁ

罰 あたっちゃった~ (/。\)

気を取り直して また 一から綴りますわ。
---------------------------------------

今日のお昼には 皆さんとお別れです。

朝食の後 荷物を整理して ホスト宅を後にしました。
ご主人様は 早朝にお出かけになっており 最後のご挨拶はできませんでした。

まず向かったのは お土産物屋さんです。

ここで購入したのは いもくり佐太郎 という銘菓です。

私は知らなかったのですが 
「とんねるずのみなさんのおかげでした」の番組の中で
「新・食わず嫌い王決定戦」に出るゲストが持参したお土産品との事です。

関根勤さんが持参された商品のようです。  

みなさん 何回も試食しながら 何箱も購入です。(笑)

私も 役員用のお土産と自宅用に購入しました。

和風テイストなネーミングだけど 実は スイートポテトです。 焼色がまたいい ・・・ 

いもくり200811

後日 役員の奥様からお礼の電話があり
373さん 毎回本当に 美味しいお土産買ってきてくださるわ~って大喜びしてくださり
私の株もどーーーんと跳ね上がりました。 (*^_^*)

あっ  ご近所さん →→  今回もお土産なし
 食べたかったら ここで買ってね~☆  ギャハハハ ~(^◇^)/

その後 バスの時間まで コーヒータイムで時間つぶししてから
福島駅へ向かいました。

ここで 皆さんとお別れです。 今回の楽しかったイベントも終了です。
ホスト役の旅仲間には 心から感謝しています。

関東の仲間は 帰りも高速バス利用です。
新幹線の旅もいいけれど たまにはゆっくり景色を楽しむ旅もいいものですね。

彼女達 東京まで4時間おしゃべりし続けても まだ時間が足りなかったわぁ~。
もっと 乗っていたかった・・・ って どんだけ しゃべったん!! って感じです。

彼女達を見送って 私達 関西組も 
福島駅から仙台空港へ向けて帰路につきました。

東北地方の電車に乗ったのは初めてです。
ドアは自分で開け閉めするのですね。 自動ドアではありませんでした。
なーんか 新鮮に感じてしまいました~。寒さ対策なのでしょうか・・・
たまには お鉄の旅も ローカルでいいですね。

関西のおばちゃん二人 電車の中でも関西弁で ペチャクチャおしゃべりです。
外の景色~ アハハ  正直 あんまり眺めていなかったわ。

この頃には 私の声 いつもの美声(?)は 完全に失われていました。 

喉に痛みは全くないけれど  もう~かすれて大変です。
しかし そんなのお構いなしで しぼりだすように ペチャクチャおしゃべりは続きます。

宮城県名取駅で 仙台空港線に乗り換えます。予定では 14:06 発 仙台空港行き。

降りたホーム向かいの電車の出発時間 14:06 になっています。
あっ 同じホームでの乗換だったね~ラッキー

行き先仙台 ・・・も気にならずに 入って来た電車に乗り換えました。

通路を挟んで 空いている席にドスン!!

これまた さっきの話の続き~とばかりに 関西弁でペチャクチャおしゃべりです。

さすが 空港線 トランクが多いなぁ~ 皆さん 何処へ行かれるのだろう~
なんて思いつつ 棚の上の鞄 ふと見るとタグが 空港コードSDJ(仙台) になっている。
ふ~ん 仙台へ来た時のまんま外すの忘れているんだ~って心の中で思っていた私。

確か乗換後 2駅で空港に着くはず・・・ 

話に夢中になって ぼーっとしていたわたしに 神戸の仲間が 

ギャ~ これ 電車違うやん !! 乗換間違っているよ~ 降りるよ~

w(゜o゜)w オォー

わたし 言われるまま まわりの視線を感じつつ
必死にバックを引きずって下車しました。

慌てて降りたのは 名取駅から3つ目の長町と言う駅でした。(後日調べました)

「あの おばちゃんら 電車乗り間違えたべ~www」 
の言葉をのせて 電車は仙台へ向けて走り去りました。 ハズカシイ・・・

トランク多いはずやん。仙台空港から来た電車だったもん。
空港コードSDJ(仙台) 当たり前やん。 飛行機仙台着のはずだもん。
何処行くんだろう~じゃなくて 帰ってきたとこじゃん。

やっちまった~ まっ 時間はたっぷり よかったべ~
こんな感じでしょうか・・・・

名取駅へ戻る為に ホームにある電車待合所へ行き 待機しつつ
地元のおばあちゃんに 空港行きをもう一度確認しました。

そうしたら 何回も何回も 同じ説明をしてくれました。
ハイハイ おばちゃんもうわかったよぉ~  あんがとう~~~
お礼を言っても まだ詳細に説明してくれました。 

田舎の人は 本当に親切ですねぇ~
イヤイヤ 大阪のおばちゃんだって めちゃくちゃ親切ですよ~ ☆ミ(*^▽^*)ノ彡☆

次に来た電車は 仙台空港行き  
それに乗って 名取駅経由で 空港駅に到着です。

お買物もないので そのまま 荷物を預けてチェックイン。
空いていればと プレミアムクラス申し出ましたが 設定のない便でした。

時間つぶしの場所は ↓ ここ

CIMG2372_ks.jpg

仙台空港のラウンジは 狭いスペースでした。でも あるだけまし~って感じかな・・・

入口の係りの方も誰もいませんでした。
カードを かざし 「チャーリン」 の音に 受付女性が慌てて中から顔を出しました。

CIMG2369_ks.jpg

ここで お茶ってことはなくもちろん【生ビール】です。
何杯もおかわりしつつ ゆったり時間調整しつつ おしゃべりです。

途中 サラリーマンの方が 数人出たり入ったり・・・

羽田や伊丹の様に 満員~混雑~ってことはなさそうなラウンジですね。

CIMG2371_ks.jpg

神戸行き ・・・ 半分程度の乗車率のようです。 私の横空席のまま・・
伊丹と違って 旅割り設定も 安い訳です。

ビールの飲みすぎで フライト中お手洗いに立った私
その時に CAさんと少しだけ会話をしたのですが 声がかすれていたので
気遣いしてくださり 後で のど飴を袋いっぱいに詰めてもってきて下さいました。

お手洗い移動中に 後部座席の彼女発見
気持ちよさそうに 爆睡していました~~~www

CIMG2373_ks.jpg
CIMG2374_ks.jpg

定刻に 神戸空港着。 

三ノ宮から 満員客にもまれて家路に着き

今回の旅も無事に終了しました。


--------------------------------------------------------

ネットの仲間の家に泊めてもらう・・・正直 最初は躊躇しました。
お互いに気をつかうのなら 宿に泊まるほうがお互いに気楽です。

彼女が 自分の時間を割いてまで 車で案内してくれるのです。
当初の私の計画では 案内してもらいながら 温泉旅館に宿泊する。
その代償 お宿宿泊代を 当方持ちでと考えての旅決断だったのです。

でも彼女には全くそのような気持ちはなく 
遠い福島まで 高い運賃を支払ってまで私に会いにきてくれる。
私は 高い運賃を支払うことなく仲間に会えるのよ。
地元にいて 福島では得られない 全国の新鮮な情報を得られる。
もうこれで充分じゃない。
連休の 宿泊料金の高い時期に お宿に泊まることはないわよ。
私の家に泊まったらいいじゃない・・・お友達も誘いましょうよ~。

そんなお言葉に 結局 3泊もさせて戴く事になりました。

感性豊かで とても福島の田舎(失礼)に住んでるって感じは受けません。
たくさんの留学生を受け入れたり 親戚にも 海外在住の方の多いこと・・・
お嬢様は高校からアメリカ留学中です。
大阪・東京に住んでいる私達より国際感覚は飛びぬけていましたわ。

面識のないおばちゃん4人 快く受け入れて下さったご主人
きっと 毎晩 延々と続くお話タイムにきっとびっくりされたことでしょう。

正直なところ 泊めていただいても 気をつかうって事はなかったですね。
彼女のあっけらかんの性格に救われた部分です。

滞在中の生活費・行楽費 皆で 同一金額の共同財布です。
必要なものは 全てこの財布から出費していきました。
まぁ~ホスト宅は それ以上に いつもより多い水道代に電気代・・・
申し訳ないことです。

私の ネット仲間との交流を 理解しきれていないお友達もいますし
私の行動に刺激を受けたお友達も大勢います。

もちろん全ての人に 私を 理解してほしいとは思いませんが
ネット社会 全ては 自己責任ですね。 トラブルが多いのも事実です。

私は今まで 本当に 全てに恵まれてきただけかもしれません。

先日 柿を送ってくれた仲間達の話から
主人が ・・・ちゃんはどうしているんだぁ~  ・・・ちゃんは?
どんどん名前が出てきた~ いっぱい覚えていた。

~ちゃんは お孫さんのお世話で忙しいみたい~
~ちゃんは もうすぐお孫さん生まれるんだよ~
~さんは また忘年会予定入ってるよ~

ご縁 ・・・ いいものです。   

細くても ながーーーーーく繋いでいきたいものですね。

今回のご縁が これからもずっと続くことを希望しています。

東北への旅⑦

2008年11月14日17:32

山形県 姥湯温泉から 谷底に落ちる事なく 無事市内へ戻ってきました。

「大衆演劇に 興味ある~? 温泉入りなおしに行こうか~」 
ってことで 某健康ランドへ直行~です。

ちゃっかりした旅仲間 中からチラシをもらってきてくれて
ハイ これで200円引きにしてね・・・ お一人様 1680円になりました。

ロッカー番号を探してウロウロするおばちゃま達。

ここの温泉施設では ゆったり露天を 占有してのーんびり・・・
サウナ入ったり 水風呂つかったり・・・満喫できました。

もちろん 全身綺麗綺麗に・・・・(爆)

秘境の 温泉施設は シャンプー類使えない場所がほとんどです。
自然保護の為には仕方がないことですね。

18時から演芸場で 鹿島劇団の催し物があるということで
その時間に合わせて 演芸場へ行き場所取りです。

超~昔のお正月 三重県長島温泉で おジジおババ達と
鳥○一郎や山○豊の歌謡ショーを見た以来です。

やや・・・ご年配のお方 あっちにもこっちにも・・
そういう私達も 違和感なく 座っているんですけれどね~。

お風呂上り 【 生ビール 】を飲みながら開演をまちました。

CIMG2353_ks.jpg
CIMG2354_ks.jpg

2部構成で 1部は 人情もののお芝居です。

ストーリーは読めてくるのですが 
何故か・・・ ウルウルきちゃうのですよねぇ~。 
これが大衆演劇なのでしょう~。
わかっていても 涙腺が緩むのです。

最後は よかったわね~~~のおばちゃま達でした。

幕間に 食事開始です。
メニュー表から 食べたい物あれも これも オーダーです。

その後 歌と踊り ・・・ みなさん 見入っていました。

CIMG2357_ks.jpg

このご時勢 ・・・ おひねりを渡す方っていないのですね~。
ひと昔前なら 首から 万券札ぶら下げていたでしょうに・・・

CIMG2358_ks.jpg

終演後も お客様にサービス  一緒にピース v(^^)v

172_ks.jpg
173_ks.jpg
178_ks.jpg

劇中 女の子だと思っていたこの方 実は 男子中学生でした。
将来 いい役者になってね~

179_ks.jpg

温泉入って お芝居見て 食事もして 満足したおばちゃま達

スーパーに立ち寄ってから帰路につきました。

自宅に帰りついたら 七五三のかわいいお客様がありました。
そうっかぁ~ 11月は七五三の季節なんやね~。

旅仲間の同級生のお嬢様のお孫さん  ・・・ 可愛かった~♪

我が家の娘達もこんな時代があったんだよねぇ~ みんなうなづく ウンウン・・・

CIMG2362_ks.jpg


そんなこんなで 福島最終日の夜

疲れて みんな 就寝~~~  

おやすみなさい。  また明日ね。




















ってなわけはなく・・・  またまた 宴会開始~~~

昔の写真が さっさーーーっと取り出されてきて 話のネタになる。
すぐ取り出されてくる・・・このアルバム・・・すごい。

着物好きなメンバー 着物の話で盛り上がる。
すると 持っている全ての着物と帯の写真を納めたアルバムがさっと取り出されてくる。
この整理方法 私も是非 見習いたいものである。

その中で 成人式の振袖の話になり
昨今 娘に着せたりして 代々遣い回しすることも多くなったよね。
昔の正絹よかったもの~ 着物に重みがあったよねぇ~
ねぇ~ 振袖どうした~? お嬢さんに着せたの~?

Y(°_°)Y ウッ!  となる私である。

実は 成人式様に母が作ってくれた振袖一式を
私は ・・・・ 
ハイ・・・ある日 普通のごみにだしました。

今となってはすっごく後悔しているんです。 
振袖の話をするたびに心が痛みます。 (-_-;)

当時 実家の母が ご近所の同級生の中で
一番高価な仕立てだったと言っていました。

娘の成人式の振袖をどうするかという時期に
母が 373ちゃんの振袖着せたら~ ・・・って言われて
初めて あれ~とっくに処分しちゃったよ~ で母激怒 (▼▼)!
後悔しまくりのわたしでした。  (;_q))クスン

もちろん 旅仲間のメンバーにも もったいないことしたわねぇ~

・・・もう じゅうぶん 反省していますから。 m(__)m


着物ネタから クルージンクの話 世界への旅話 
時間はいくらあっても足りる事はありません。

楽しい仲間といる時間って 本当にあっという間なんですよね。

この三日間 どれほどの旅話したでしょう~。
それだけで世界一周しちゃいそうです。

本当は 体力の残っている今 世界をまわりたいものです。
でも悲しいかな・・・資金がない。
老後の為には まだまだ貯金もしなきゃいけないし~
ぼちぼち 旅を続けていくしかないようです。


福島 最後の夜も 延々と 盛り上がりました。

東北への旅⑥

2008年11月13日22:31

福島三日目の朝

5時過ぎにお布団に入ったのもつかの間。

朝 7時20分 携帯が鳴り始めた~
ウーーーン ???  枕もとの私の携帯ではない。

`s(・'・;) エートォ...
何処だ!! 何処だ!! 誰のだ!! やっと探しだして 携帯を止めた。

ウーーーン まだ 眠て~~~お布団に潜り込んだ。
スヤスヤ・・・ZZZ zzzz

ここでまた携帯が鳴り始めた~
(゜o゜;;ギク  またかよ~ 

機種の違う人の携帯 やり方がわからない。
適当に ピコピコ触ってみたけれどわからない。
鳴り止んだから良しとしよう~。

それよりまだ寝たい・・・ お布団にもぐりこむ ZZZzzz・・・

♪#$%&'()`"%&xxoo"##$ ♪

(^◇^;)げっ げーーーーーーーーまたかよ~ )`ε´(

3度目の携帯を手にした私  迷わず電源から落としてやった。
真っ暗になった携帯 ・・・ もう鳴らないだろう ( ̄ー ̄)ニヤリッ

ZZZZzzzz・・・ 

再び目が覚めたとき お隣の彼女も目が開いた。

ごめーん携帯鳴ったんやね。
3回も タタキ起こされて 結局 扱い判らなかったから電源落としておいたわ~。
ワリィ~  ;^_^A  


今日のお天気は曇り空です。

身支度を整えて 朝食の用意です。 

のーんびりおしゃべりしながら食事です。 もう~ブランチですね。

パソコンで 今日行く予定の温泉場の下調べをしてくれた仲間が
滑川温泉 姥湯温泉 どっちに行きたい~?

ホームページを見て 
私の独断で  秘境 秘湯の漂う 姥湯温泉即決 !!

電話で営業しているか問い合わせてみました。
すると今日までの営業との事  ラッキーついてるじゃん。

しかし 13時過ぎています。 大急ぎで準備です。

もち みんな スッピン状態  温泉だからいいよねぇ~このまま行こう~。

即刻 しゅっぱーーーーーつ

玄関を出たら 国旗を発見  ・・・・ 
きょうび 珍しいです。久しぶりに掲げているお宅みました。

今日は文化の日だったのですね。

117_ks.jpg

運転手お得意の 【地元ルール】 をふんだんに適用して走行します。

姥湯温泉  山形県のものすごい山奥にありました。

ほとんどの道が 車一台の一斜線である。 左右どっちかは こわーい崖。

秘境・・・秘湯・・・聞くだけで
温泉好きの私にはもうわくわくものである。

そりゃ~今まで秘境と言われる地いろいろ訪れたが
ここまで スリルを味わうとは・・・

(友人の運転が怖いとか そんな事では決してないのよ。)

滑川温泉まではまだいい。
もちろん ここだって充分な秘境の湯なんだけどね。

帰りに立ち寄って写真だけ写してきました。
こんな山奥でも 住所は 米沢市なんですね。

CIMG2350_ks.jpg
CIMG2346_ks.jpg
CIMG2347_ks.jpg
CIMG2349_ks.jpg

怖い 怖い と言いながら おばちゃま軍団のお口は絶好調~

ここから落ちたら 5人即死だね。
いゃぁ~私は 生き延びてやるぅ~
遺体捜してもらえるかしら~
福島行くとは言ってきたけれど 山形行くとは言ってないし
373ちゃん 娘さんにでも 姥湯に行くってメールしておいてよ・・と言い出す(笑)

運転手 ほらほら下見て~とよそ見までする。

キャ~~~ 前を向いて運転してよ!!

キャ~~~ ハンドルから手を離さないで!!

シートベルトにしがみつき・・
全身に力を入れて座る 極度の緊張状態でした。

細い山道をくねくねと何キロも走って行くと
斜面が急な道 ・・・ 一番急な坂は勾配が22%の看板。
5人乗った車 重さでバックしちゃいそうだったわよ。まじ!!

私には 経験のないスイッチバックという方法で曲がる箇所があり
道脇には 説明の図標識までかかげられていた。 

しかし 綺麗に舗装されてしまった道 
スイッチバックすことなく通りぬける事ができました。   参考スイッチバック

工事中の道路脇に車を止めました。

CIMG2314_ks.jpg

遠くに宿の枡形屋温泉の建物が見えます。

CIMG2316_ks.jpg

こんなつり橋を渡って宿へ向かいます。

143_ks.jpg
127_ks.jpg
CIMG2319_ks.jpg

霧雨みたいな雨が降り続けています。
風のきつい中 細い・・ 結構急な道を登っていきました。

CIMG2343_ks.jpg

日帰り温泉 一人500円 
日帰りで入浴可能なのは露天風呂のみ。

混浴露天風呂と女性専用露天風呂ですが
迷わず混浴風呂へ向かいます。

写真撮影禁止・・・全く目に入らず・・・(謝)

138_ks.jpg

この頃には 霧雨から小雨状態
簡単な脱衣所で裸になりますが 吹き付ける雨に風~
脱いだ服は籠へいれます。

↓ 小屋みたいな所が 混浴の脱衣所です。

137_ks.jpg


持参したバスタオルを巻きつけて湯へ

寒~~~いぃぃぃぃぃ・・・

冷た~~~いぃぃぃぃぃ・・・

只今 入浴中は おじさんばかり 残念 !!

CIMG2326_ks.jpg

まぁ~ 向こうからも
なーんだ おばちゃん5人かよぉ~と聞こえてきそうですが・・

CIMG2333_ks.jpg

恥ずかしいとか思う事もなく そそくさとお湯のある方へ移動。
白濁のお湯 硫黄の臭いもきついですが やや不衛生だったかな。

でも 深く切り込んだ絶壁 晩秋の木々
いくら温泉が湧いていたとしても 
よくこんな所に宿泊施設を建てたものだと関心してしまう私。
このようなロケーションが お湯好きにはたまらないのでしょうね。

CIMG2337_ks.jpg

写真を写したり エロイおじさんグループとおしゃべり。

そのうち 20代ぐらいの男性グループ4人入浴してきました。

誰か言ってました。

いゃぁ~ 久しぶりに男性の裸体見たわ!!
ほんとやね~。最近 裸体ご縁がないから・・・(爆)
でも 悲しいかな ドキドキしないわ~。
息子みたいなものやもんねぇ~。

そのうち 小雨からやや大粒の雨へ変わってきました。

CIMG2336_ks.jpg

運転手の友人 
霞がかかって 運転できなくなったら 
山を降りられなくなるので もう出よう~。

大急ぎで服を着てそこから撤退~・・・
あんな秘湯もう二度と行く事はないだろう。
もう少し お湯味わいたかったな・・・

女性専用の露天風呂 囲いがあって見晴らし悪そう~

CIMG2325_ks.jpg
CIMG2339_ks.jpg
 
お宿の玄関で お茶を購入しようとしたら全て売り切れ
残っていたのはお水のみ 1本250円 高いけれど納得料金です。

11月3日宿泊が 2008年営業は終わり 4日~長い冬のお休み期間に入るようです。

私達は 本当にラッキーだった秘湯巡りだったようです。

さぁ~ 運転してきた友人
私ね 姥湯から 帰り道は運転した事がないのよ~。
前回も 同じ旅仲間が 運転してくれたんだ~。

D3 D2 ・・・何 そんなの使った運転した事ないわよ。
大丈夫かしら~ なんて事言い出した。

まっ なんとかなるだろう~精神で出発。

急な下り坂の連続 ずっと エンジンブレーキ使用です。

事実 皆でわいわい ギャーギャー 結局なんとかなりました。

今となっては 楽しい思い出です。

東北への旅⑤

2008年11月13日12:31

次にやってきたのは 諸橋近代美術館です。

サルバドール・ダリの作品が多く展示されていました。

ダリ・ダリ・ダリ一色で ダリに興味のある方は 堪能できる美術館でしょうね。

私の印象 ダリ・・・蟻 (爆)

CIMG2266_ks.jpg
CIMG2269_ks.jpg

その次にやってきたのは 五色沼です。

観光の前に 遅~いランチ・・・ 
食べたのは 山菜そば こちらのお蕎麦は 普通に頼むのが茶そばでした。
茶そばの嫌いな仲間は 私は普通のそばにしてもらった・・・って(笑)
ややこしい・・・

温かいお出汁がとっても美味しかったです。

CIMG2276_ks.jpg

少し見ごろは過ぎてしまったようですが それでもとっても色づいた木々・・・
バスクリン色・・・w 湖水の色合いがとっても綺麗でした。

到着時間が遅くなったのと 曇り空で全体的に暗い。
少しだけ湖畔を散策 全部の沼を散策する時間も 元気もありませんでした。

CIMG2281_ks.jpg
CIMG2286_ks.jpg
CIMG2293_ks.jpg
CIMG2297_ks.jpg
CIMG2302_ks.jpg
CIMG2290_ks.jpg

この後 帰り道・・・途中の 露天風呂日帰り温泉施設に立ち寄りました。
実際は 岩風呂の半露天風呂でした。 写真撮り忘れ~ 1枚もなし。

そこで 海外から来ている 日本語の達者な若い女性と一緒になりました。
他の観光客とも一緒に 和気あいあいと入浴・・・
迷い込んでくる枯れ葉や 虫とも 仲良く入浴です。

シャンプーしたかったけれど 我慢我慢・・・(笑)

真っ暗になった帰り道 時々道に迷いながら家路につきました。
何故 道に迷ったか・・って 
夜のクネクネ道は怖いので 遠回りして 高速道路で帰ったから・・・。
そのうえ 時々 ナビを無視して勝手に走ったから・・・(爆)

今夜の夕飯は 外食です。

ゴマスリしながら待ちます。

「いやぁ~ 貴女 ゴマスリ 上手いね~」 

一番上手いのは誰だぁ~ 「はぁーい わたし」 

CIMG2308_ks.jpg
CIMG2311_ks.jpg

大変美味しく戴き お腹いっぱいになりました。

この後 スーパーに立ち寄り 今夜のお酒を調達
なんぼほど飲むねん !! ← 無用な突っこみw

帰路は 運転手の彼女 【地元ルール】 にて 
好き放題に 駐車場を走り回って帰りました。

お化粧落として パジャマ着て いつでも寝られるようにして

本日の 宴会開始~~~

アルバムを見せてもらったり 今までの旅行話 これから行きたい国 ・・・
おばちゃま5人の話題は底をつきません。

もう直ぐ 新聞屋さんが来るよ~ という時間に 本日の宴会終了~☆

歯を磨き 即刻 お布団へもぐりこんだ私 

即刻 撃沈~☆ スヤスヤ ・・・


皆さん 私よりご年配 この元気はどこからでてくるのでしょう~(謎)


カレンダー


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================