42-ナイアガラ観光二日目④

2014年10月08日12:00

次にやってきたのは 風の洞窟ツアー
もっとも アメリカ滝の一部 ブライダルベール滝に
近づく事ができる 大人気のアトラクションです。

私もぺーさんも 今回のナイアガラ観光で 
一番楽しんだアトラクションでした。

12Uドル支払って サンダルをもらいます。
係りの方 瞬時にサンダルを出してくれます。
私はぴったり  ぺーさんはワンサイズ上に変更してもらいました。

ぺーさんと私のサンダル 比べてみます。
このサンダル 記念に 持って帰ってきました。
来年久米島行くとき 持って行くから見てねw

20140919-21.jpg

入り口で集合写真を撮られ(後で売られる) エレベーターに乗ります。
35m下の滝そばへ向かいました。

ここで 黄色いカッパを着込みます。
薄くてつるつる これが結構 着るのややこしいのよ・・・

私がなかなか着られないものだから ビデオ撮っていたぺーさん ↓

20140919-22.jpg
20140919-23.jpg
20140919-24.jpg

さすがに 滝まで最短の場所までは 怖くて行けませんでした。
風と滝のしぶきで 男性の方でも よろよろと手すりつかんで移動していました。

ここは 岩場の上に 歩道を作ってあります。
こんな場所に こんなアトラクション よく考えたものです。
設置する時は 大変だったでしょうね~。

時間制限がないので 行ったり来たり 何回もチャレンジできますが
さすがの私たちも これ以上濡れるのが怖くて戻りました。

びしょびしよで戻ってきた二人 

20140919-26.jpg

ぺーさん まくっていたズボンが下に降りてしまい 両膝から下 ずぶ濡れ。↑
↑ 前を歩くおじさんも ズボン濡れていましたわ。

↓ 上に戻って ぺーさん ズボンを絞ります。
この日は お天気もよく さほど風もなかったので 助かりました。
お天気わるけりゃ 悲惨な状況に 陥るかもしれません。
水も冷たいので 足元から風邪ひきそう・・・

ぺーさん 綺麗にカッパをたたんで持って帰るそうです。
赤・青・黄 3色の巨大カッパ お土産になりました。

関東地方で ナイアガラのロゴ入りのカッパ着て
自転車に乗っている方がいたら それはぺーさんかもしれません。
試しに 『ぺーさんですか?』 って声をかけてみてくださいね~(笑)

20140919-34.jpg

     充電中の電気自動車  勝手に乗ってみた。  ↑

ナイアガラ・シー・ニック・トローリーに乗って島を一周してみます。
近くに チケット売り場がなく 最初は 無賃乗車しました。

1区間だけだったので 運転手 仕方ないな・・ って感じで
運転手は お金を受け取らないシステムのようでした。

20140919-35.jpg

適当に 降りてみた場所は 二つの島を橋でつないでいました。
(3つの島を繋ぐ スリーシスターズ諸島という場所だったようです。)
滝の上流部分 ここでも水の流れは迫力ある流れ方をしていました。

ここで 何か流せば カナダ滝に落ちていきます。
試しに 目立つもの流して 確めてみたいわ~

20140919-36.jpg

いたるところに 鳥の大集団  
川の流れの中に 足で 踏ん張っているようです。

20140919-36-1.jpg

再びバス停に戻り トローリーに再び乗ります。
再び 無賃乗車です。
しかし 今度は 次のチケットブースの前で降ろされ
チケットのない君たちは ここでチケットを買え!! と指示されました。

2U$出して一日乗り放題チケットを購入しました。

20140919-37.jpg

乗り放題~ このまま 一周してみよう。
このトローリーは  ゴート島を出て  レインボー橋より下流の 
ゴージ・ディスカバリー・センターに戻り 再び出発しました。

20140919-38.jpg

結局 2周乗って降りました。 

空には ひっきりなしに ヘリコプターが飛んでいます。
滝を上空から見る事ができるアトラクションです。
私達は 予算がなく 飛べませんでした。

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

41-ナイアガラ観光二日目③

2014年10月08日09:00

アメリカ プロスペクト公園近くから滝を観ます。
私もこちらから見るのは初めての経験です。

いたるところに 虹が出ていています。 
荒々しさ満点なのがアメリカ滝 
滝壺も近くで見ることが出来るので 豪快でスケール満点!

20140919-11.jpg

↓ アメリカ滝

20140919-12.jpg

次に ルナ島と ゴート島に 歩いて向かいます。

20140919-13.jpg

橋の上は 鉄板でした。     下記の地図だと ⑤番のところです。 

20140919-14.jpg

看板に従って ルナ島へ向かいましたが
途中 閉鎖通行止めになっていて ルナ島へは 渡る事ができませんでした。
もしかしたら 違うルートがあったのかもしれません。

20140919-15.jpg

↑ 滝へ落ちる前の川にも大小いろいな滝があります。
日本なら この滝一つだけで 観光名所だよね~

↓ アメリカから見た スカイロン・タワー

20140919-16.jpg

テラピン・ポイント 
カナダ滝とアメリカ滝を分けるゴート島の先端にありました。

↓ カナダ滝を より身近に見る事が出来ました。 

20140919-17.jpg

流れる水の音もすごいです。  観光船 滝に近づきたくても流されています。 

20140919-18.jpg

↑ 滝壺には 結構大きい岩がごろごろしていました。

↓お天気最高~  しばし 椅子に座って ぼーっと過ごしました。 
飛行機雲をみながら 今回の旅を振り返ったり・・・

青い空   最高~~~  

20140919-19.jpg

ぺーさんと記念撮影。 
ぺーさんとの思い出写真も 毎年増えていくね。

20140919-20.jpg

鳩? と 遊ぶ ぺーさん。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

40-ナイアガラ観光二日目②

2014年10月07日23:00

バスに乗って レインボー橋の たもとで来ました。

レインボー橋を渡って 今日は アメリカへ入国します。

20140919-05.jpg

建物のわきを抜けて ⇒に 従って 進んで行きます。

To U・S・A の建物に入ります。  
通行料を支払います。 50セント (硬貨指定25セント×2)
カナダドルでも 米ドルでもオッケーです。

横には 両替機も用意してありました。

20140919-06.jpg

図で提示してあるので 言葉がわからなくても大丈夫でした。(笑) ↑

↓ 帰りは こっちに戻ってくる必要があるのね・・・

20140919-07.jpg

↑ 橋の上から 前方カナダ滝 手前アメリカ滝

レインボー橋 
カナダとアメリカを結ぶ300mの橋です。
橋の両側に カナダ・アメリカの税関があります。
行き来するには もちろん パスポート&米ドルが必要になります。

↓ ここが 国境です。

20140919-08.jpg

↓ キャイーン
こんなことやっている 日本人男性グルーブもいました。
アメリカ滝 真横にある展望タワー 今日も大勢の観光客がいます。 ↓

20140919-09.jpg

↑ カナダ側税関方面      アメリカ側税関方面 ↑

さぁ~ 税関の建物の中に入ります。

観光バスで来た方も 全員降りて 個別に申告して入国するようです。
私達が到着した時 団体様ご一行で 大混雑していました。
団体様が一段落するまで 待機させられました。

ひとりずつの申告かと思いきや グループ単位の申告でした。
私とぺーさんは一緒に パスポートを提出します。

何しに来た? 観光
どこいくの ? アメリカフォール 
何日滞在 ? ・・・ ワンディ

女性係員は 簡単なやり取りしつつ
私のパスポート   ピッ   係り員 ニコ 
ぺーさんのパスポート  ピッ  係員 ギョッ
係り員の顔を見ていて すぐに違いを理解する事が出来ました(爆)

私は渡航認証の ESTAを保有していますが 
ぺーさんは ESTを保有していません。

ぺーさんは ESTAを保有していないので
(緑色のI-94W )出入国カード記入と 6ドルかかる事は
ちゃんと調べて理解していました。

係り員は (緑色のI-94W ) 出入国カードを出してきて
すらすらと 一部だけを 記入したあと 
残りの部分を 記入するようぺーさんに差し出します。

係り員のいる税関のカウンターで
そのまま記入されられるのでやりにくかったです。

私の分は (白色のI-94 ) 出入国カードです。
何も書き込みする必要はなく 係員が一部書き込んで終了しました。

ぺーさんが 書類に 書き込みしている間に
私は お顔の写真と 右手4本の指紋を撮られます。
指紋 何回やっても 上手く映らないのか 何回もやり直しさせられました。

何も悪さした覚えはないのですが緊張しますわ~
終いには 何かしら出してきて これを手に塗れの指示です。
クリームみたいな液つけて 再度挑戦し オッケーになりました。

次にぺーさん  ペーさんも何回やっても???
ぺーさんも 液つけて 再挑戦させられました。

二人して 指紋もとれないほど 乾燥肌だったのかしらね。
なんとか 二人とも 手続き終了。

パスポートに 90日間滞在OKの出入国カード半券を 
ポチッととめてくれました。  ぺーさんは緑 私は白です。

はい 二人とも 6ドル支払ってね・・・の指示に
私 えっ  ESTAのある私も 6ドルいるの?
(ESTAがある場合不要と思っていたのです)
そうよー こっち来て 支払ってといわれ そのまま支払いました。
領収書もくれました。 
後に調べたら カナダ経由で入国する場合徴収されるようです。

先にアメリカに入国して 
レインボー橋を渡って カナダへ入国する場合は
6ドルは不要  50セントだけで済むようです。

待っているときは みなさん わりと簡単に入国していかれたので
私達も 入国スタンプついて ハイ終わり・・・
そのまま入国なんだろうなぁ~と安易に考えていました。

出入国カード記入に手間取り 指紋検査に手間取り 
思った以上に 時間が かかってしまいました。

陸続きの入国風景 島国の日本では体験できないことですね。
ヨーロッパは そのまま フリーパスの通過なので ・・・

↓ 税関の外 帰りはこっちへ 進むのね。

20140919-10.jpg

プロスペクト・ポイント 展望タワー 全景 ↑

タワーの下は アメリカ側から乗船できる船着き場です。


★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

39-ナイアガラ観光二日目①

2014年10月07日18:00

ナイアガラ二日目 
いつも 私より早く起きて 全てを準備してから 
再びベットに入る事が多いぺーさん
この日ぺーさんは めずらしく 『今 何時?』 って 
のーんびり起床  お疲れ気味かな。 

ナイアガラの滝の後方に 朝日が昇ります。
わぉ~ 今日もお天気よさそう・・・

雲みたいに見えるのは 滝の水蒸気です。

20140919-01.jpg

朝食を食べて 9時には行動開始します。
ホテル前の停留所から 9時10分のバスに乗って 
まずは レッドラインの終点まで 散策することにしました。

ねえ~終点まで行って戻ってこない? って私が言っても
ぺーさん いいわよ~~って 即答
なぜ? 何故 そんな乗り方するの? なんて質問は帰ってきません。
ツー  カー  お互いやりたいことが読める関係になりました。

バスに乗った瞬間 女性の運転手 観光客風の私たちに向かって
このバスは ×#$%*+"'&%$#"   ????

通常 このラインに乗る観光客は テーブル・ロック行きの
進行方向 逆のバスに乗るのです。

たぶん・・・ あなたたち 間違っているわよ!!
こんなふうに 言ってくれていたのだと 勝手に解釈 (笑)

約20分程度 街の景色を楽しみながら 乗っていました。
バスに乗って あらっ スーパーがあるわ・・
このあたり モーテルが多いのね・・・
教会もあるわよ~  学校かしら?  
知らない街の散策 楽しいものです。

バスは 街はずれの場所で  時間調整後 Uターンして 
私達の宿泊したホテル前を通って  市街地へ向かいました。
これが本来観光客が乗るルートなのでしょうね・・・

2連結しているバス この時間 空いています。

20140919-02.jpg

終点のテーブル・ロックまで来ました。

風向きが こっち方面に 流れているらしく 
ウェルカムセンターや滝周辺は 道路も びしょびしょ・・・
観光客は 傘をさして歩いていました。

20140919-03.jpg

↓ バスターミナル周辺
朝方は ここも 滝しぶきが流れていたのでしょう。

20140919-04.jpg

↑ 虹も でています。

★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★~~~~~★☆☆☆★

38-ナイアガラ観光初日⑤

2014年10月07日12:00

バスに乗って ホテル近くまで 移動します。
普通に待ってバスに乗る訳ではありません。

私達のホテル レッドライン・ブルーラインが停車します。
二人別々のバス停で待ちます。 早く到着したバス方に乗る訳です。

20140918-27.jpg

ホテルへチェックインし 朝預けていたトランクを引き取ります。
ホテルは 上層階指定の滝ビュー  かろうじて 両方の滝がみえましたW

目の前の塔は スカイロン・タワーです。

20140918-28.jpg

しばし休憩したのち ホテルから歩いて 
ナイアガラ スカイ・ホール方面に向かいました。

↓ クリフトン・ヒルは ミューズメントが立ち並ぶ繁華街
ここで 夕食を食べました。  写真撮り忘れ・・・

20140918-30.jpg
20140918-31.jpg

滝のライトアップを見る為に滝まで移動します。

ライトアップ 一部に霧がかかって イマイチ鮮明ではありませんでした。
このライトアプは 150年以上も前からおこなわれているそうです。

20140918-29.jpg

この後 てくてく 坂道を歩いて ホテルまで歩いて帰ってきました。
今日も 相当歩いたわ~~~

二人とも なぜか 目がさえちゃって 夜話・・・
そして 近くのスーパーで購入したカップ麺を 深夜に食べました。
何故 辛ラーメン ?  
他のカップ麺 商品説明が意味不明で
韓国の辛ラーメンなら 味がわかっていたから ・・・ そんだけの事(笑)

20140918-32.jpg


★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:・:☆彡:・:★彡:

カレンダー


07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事

ツリーカテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

自己紹介

 ★美南★

Author: ★美南★
=====================
温泉大好き・食べ歩き大好き・
旅行大好き・そして青い空が
大好き~☆
週末は楽しみを作って
リフレッシュしています。
このブログは個人の忘備録です。
病持ちではありますが
笑って人生Enjoy~♪

★美南へメールはここから★

=====================